地方都市でも、Suicaを持っていた方がいい理由

本当にいなか暮らしで、都市部に行かないお年の方には関係ないかもしれません。
クレジットカードを持たない、電子決済もされない方も関係ないかもしれません。

しかし、遠くない将来、電子決済の比率が増えていくと想定しています。
日本人は現金が好きで、電子化しない状況に焦っている政府は、電子決済の比率を高めようと(愚)策を弄しています。

中国でも、スマホでの決済は、都市部では当たり前です。
韓国の電子決済の比率は、異常に高く、日本は遠く及びません。
こうした流れは、もしかすると、日本人の保守的な気質とガラパゴス的な風土からきているのかもしれません。

日常観察していると、ほとんどが電子決済可能なコンビニでも、現金での支払い率が高いように思います。
クレジットカードも使用できるにもかかわらず、あまり使われていません。

私個人は、サイフから小銭を出し入れするのが面倒なので、EdyやQUICPayで決済しています。

一方、電子決済の比率が「異常に高い場所」があります。

東京の電車に乗る人のほとんどは、SuicaかPASMOを所有していて、改札口で券をかざしています。
ICカード専用レーンもあるため、切符を持っている人は、出入りに難儀します。

また、SuicaやPASMOは、駅区間の出入りで、料金の最適値を自動で決済してくれますので、路面図をみて、運賃を確認する必要がありません。

切符だと、支払った料金より遠い区間を乗車した場合は、乗り越し料金が必要となります。
反対に近くで降車しても、払い戻しはありません。

何しろ、駅は混雑して、急いでいる人が多い中、日常的に切符を買って精算する行為はばかげています。
特に通勤でラッシュアワーを経験する人ならば、通勤地獄の苦しみがさらに増すことでしょう。

ですから、日常的に都内の電車を使う人には、決済用のICカードが必須と言えるでしょう。

規模は小さくなりますが、大阪などの関西圏でも、決済カードを所有していた方が有利でしょう。

この数年、Suicaが抜き出たかなという印象を受けます。

元々、JR東日本の鉄道決済カードでしたが、現在の位置づけは変化しています。
関東に限らず、大阪のJRや地下鉄にも使用できます。
京都バスや福岡のバスにも使えます。

さらに、交通系では、Suicaで決済することのできない四国地域でも、コンビニでは、支払の決済に使えます。

私のような田舎のエリアでも、たまに関東や近畿に行く場合、重宝します。
東京では、浜松町で、JRから空港行きのモノレールに乗る場合、電子決済専用の直通ルートがあって、カードをかざすだけで、自動で通過することができます。
カードがないと、一度、JRの出口を出て、空港開札の入り口に回り込まないといけません。

Suicaは、半年以上の利用がないと、ロックがかかり、一時的に使用できなくなるため、係員にロックを解除してもらわないといけません。
しかし、日本のどこかで決済していたら大丈夫なので、半年に一度くらいは、関東、近畿、その他に出かける人は、Suicaを持っていた方が楽です。

それから、ちょっとしたことですが、切符を買う正規料金よりも、Suicaで決済すると、2%少々の割引があります。

AppleがiPhoneにSuicaを搭載できるようにしたことは、市場開拓の可能性を感じたのだと思われます。

日本には、上に触れた、Suica、PASMOなどの交通系カードの他に、nanaco、Edy、QUICPay、WAON…などなど、様々な種類の電子決済カードがあります。

とても利便性がよいことに、当の日本人は気づいていません。
これらをすべて統一してくれたら、FeliCaという、この決済様式が世界に広まっていたかもしれません。

QRコードは、日本人が発明したにも関わらず、中国で広く使われており、中国の電子決済もQRコードを利用して普及しました。

3D プリンターも日本人が発明したのに、特許もとらず、他の国が先を進んでいます。

せっかく、良い物を産み出しているのに、保守的な日本人は、それを活用、統一、あるいは、特許もとらず、ずいぶん損をしていると感じます。
こうしたことも、日本人気質でしょうか。