第1章  自他区分 1)自他区分の始まり 2)異質なものと出会う意味 3)異質なものへのアレルギー 4)差別の橋を渡って人間になる 第2章  サイレント・コミュニケーション 1)日本人の非言語的人間関係 2)閉鎖空間の中


抑うつ気分がめだたない 思考や行動の制止がめだたない 「うざい」「うっとい」など反抗的 「びみょう」という言葉もよくきかれる 自殺企図——消えると思う 身体症状(頭痛、腹痛) 引きこもり、不登校 子どもの大うつ 2−9%


*世界とつながること 我々が安心していられる理由 誰かが銃で襲いに来ないか、ナイフで斬付けにこないかと思うと不安 そう考えるとこわくていたたまれない そんなにこわいならいっそ死んだほうがいいかもしれないと考えるかもしれな


(古い資料になりますが、本質的なところでは、現在でも大きくは、変わりません) 家族が病気と関わるために 第1章  病気について知る 1)病気はよくなるの? 2)原因は? 3)急性期と回復期 4)再発について 第2章  病


記憶のメカニズム はじめに 2000年の初頭、「アイ」という名の天才チンパンジーがニュースに登場しました 彼女は、数字や漢字を理解するだけでなく、5つの数字を瞬時に記憶できるといいいます(日経1月6日) そのテストでは5


睡眠の生理    ヒトはなぜ眠るのか? 睡眠というのは無防備な状態である 場合によっては命の危険を伴う また、眠りには快感という報酬がある 命を賭してまで行わせようとする生理機構が存在する 食欲や性欲同様に個体維持、種の


先日示した、全疾患の内の第5章の分類です。 精神及び行動の障害を取りだしています。 大項目だけ、記載しています。 すべてを記載すると、1冊の本のような量になってしまいます。 興味のある方は、ネットで検索してみてください。


世界保健機関(WHO)が、世界保健機関憲章に基づき、作成した分類があります。 「疾病及び関連保健問題の国際統計分類: International Statistical Classification of Disease


今後、いくらかずつ、精神疾患についてのお話をしていきます。


HOMEクリニックのご案内クリニック紹介交通アクセス