2019年10月8日

インターネットの活用で、医学知識のない方でも、薬の作用や副作用、病気について調べることができます。 調べている方は、臨床的な症状や効果を中心に検索するため、その元になる基礎医学については知らないことが大半です。  今回は、腎臓と糖尿病との関係について、簡単に説明します。  以前、 … 続きをみる

2019年9月1日

一般に水分補給は、「水」ですませることが最も多いようです。 経済的な合理性と、余分なものが入っていないことも関係していると思います。 ・市販の飲料では、何がよいのか? 熱中症対策として、大塚製薬から、OS1というドリンクが発売されました。 このドリンクは、適切に使うとよい反面、「 … 続きをみる

2019年8月12日

・改訂ごとに厳しくなっている投薬制限 厚生労働省の向精神薬の処方が、近年厳しさを増しています。 多剤併用療法を避け、なるべくシンプルな処方に近づけるように勧めています。 それに伴い、厚生労働省の定める保険適応範囲も制限がかかっています。 ・特に厳しい制限がしかれている、睡眠薬と抗 … 続きをみる

2019年8月7日

アルツハイマー病の原因と考えられているもの ・脳に有害なアミロイドβ蛋白が神経細胞に蓄積することにより、脳神経細胞が死滅すると考えられています。 これまで、アミロイドβの前駆体物質から、アミロイドβを産生させないようにする研究が世界中で行われていました。 これを成功させると、アル … 続きをみる

2019年8月1日

いつの頃か、あるいは、なぜ、このような形になっているのか、詳細が謎の「睡眠」という生理現象。 1日眠らないでも、体のだるさや日中の眠気を感じます。 数日、眠れないと、仕事や生活に支障をきたします。 さらに長期にわたって、睡眠がとれないと、認知機能の低下、うつ状態などの精神機能の障 … 続きをみる

2019年7月31日

様々な種類を用いる睡眠治療について 現在の睡眠治療においては、特殊な例を除けば、睡眠薬を用いることが多くみられます。 睡眠薬の中で、代表的なものは、ベンゾジアゼピン系のものです。 これが、将来、認知症のリスクを高めるかどうか、論争となっています。 ・認知症になるリスクを増大させる … 続きをみる

2019年7月19日

残念なことに、世界での紛争はなくなりません。 現時点(20029.7)では、大規模な国際戦争や国家間での戦争は起きていません。 とは言え、国内での「内戦」というものも、消えなさらないものです。 こうした紛争でのストレスは、日常のストレスとは、桁違いに大きいものと推定します。 ・世 … 続きをみる

2019年7月15日

・サルコペニアについて  お年を重ねると、骨格筋量と骨格筋力が低下します。  ギリシア語で、「筋肉」は「sarx」、喪失を「penia」と言います。その造語ということになります。  老化に伴うものなので、ある程度は、仕方がありません。  とは言え、サルコペニアが進行すると、身体疾 … 続きをみる

2019年7月13日

 意外な自律神経の関与 ・がん細胞と自律神経  がん組織に自律神経が入り込み、増殖や転移を促進しているとの研究結果を、岡山大の神谷厚範(かみや・あつのり)教授(細胞生理学)らのチームが8日付の海外科学誌電子版に発表しました。自律神経を操作し、がんを抑制する新たな治療法の開発につな … 続きをみる

2019年7月11日

複数の症状 ・気分・感情の問題 ゆううつ気分が沈むという訴えがよくみられます 一概に言えませんが、朝が苦手な方が多くなる傾向です。 ・意欲行動の障害 意欲が出ない 興味が減退する ・思考の障害 判断力、集中力の低下 自信の低下 自分に価値がないと感じる 生きていても仕方がないと感 … 続きをみる