よくある質問

当院でできること

重病や緊急な事態でなければ、当院のようなクリニックは、利用しやすいと思います。

うつ病、パニック障害、認知症などは、かかりつけ医として利用できます
認知症の方には、介護保険の意見書を書いています。

不安障害、睡眠障害、うつ病、パニック障害、自律神経失調症、躁うつ病、統合失調症の方も多く通院されています。
一部の方を除いて、多くの方は落ち着いておられます。
「ここに通院されている方は、本当に病気なの?」と質問されることがしばしばあります。

症状の軽い方、あるいは、一時的に悪くても、治療の結果、病状が安定された方は、穏やかにすごされています。

精神的、心理的につらい方が、楽になっていただくことが、当院の目的です。
当院の治療でよくならなかった場合、他院に転院することに対して、妨げは致しません。
(他院に転院するに当たって、紹介状が必要な場合は、数日から1週間ほど、書類を作成するための時間をください)
また、他院での治療を受けて、再度、当院を受診されたいと思った場合は、原則受け入れを致します。

初診は、大変時間がかかりますので、予約制としていますが、再診の場合は、もっと気軽に利用できます。

当院は、過大な謳い文句の宣伝はいたしません。
自分たちができる範囲で、お役に立てる対応をさせていただくことが主旨となります。
必要とされる方、ならびに気に入った方に活用していただければさいわいです。

当院で対応が難しいこと

当院は、小さなクリニックです。
そのため、せっかくおいでいただいても対応できなことがままあります。
そうすると、来ていただいた方の時間とお金をムダにしてしまうおそれがあります。

当院での対応が難しい場合は、他の心療内科クリニック、あるいは精神科病院にお問い合わせをお願いいたします。
タウンページをみると、たいていの医療機関は掲載されています。
また、インターネットで調べるか、電話でお問い合わせいただくようお願いいたします。

当院に一度受診をし、他の病医院に行こうとする場合、一度かかったがために紹介状を要求され、かえって、必要な治療が遅れる場合もしばしばあります。中には、受診の前に相談して、アドバイスして当該病院をお教えして、電話されたら、紹介状がないと受け付けられないと言われたことがあります。

医療機関なのに、介護施設がないと知り、がっかりされて帰っていかれた方もおられます。

そのため、対応が難しいケースについてご説明いたします。

Q:入院施設はありますか?

A:外来のみで、入院はありません
 

Q:介護サービスは行っていますか?

A:当院は医療機関で、介護サービスは行っておりません
 介護サービスについては、介護支援員や市役所にご相談することをおすすめしています。
 

Q:カウンセリングは行っていますか?

A:ミニカウンセリングを行っていますが、多くの時間を要するカウンセリングあるいは、人生相談は行っておりません(大学病院も行っていません)。

 相談に時間を必要とされる方は、予め、看護師あるいは、相談員にお話いただいてから、診察に入られますと、より多くお話を聞くことができ、細やかなアドバイスができます。

本格的なカウンセリング治療をご希望の方は、臨床心理士のおられる医療機関での受診をお勧めします。
 ほとんどの場合、予約制となっていますので、電話確認することをお勧めします。

 ただし、カウンセリングの宣伝をしているにも関わらず、実際には、さほど話を聞かない病医院もありますので、ご注意ください。
 私は、人によっては、他の人には難しいアドバイスやカウンセリングを行っている場合もあります。
 しかし、すべての方の希望に添うカウンセリングを行う能力および時間がありません。
 また、病状が安定して、内服薬を処方してもらえば、さほど時間のかかる話はいらないという方もおられます。
 薬の処方は、医師にしかできませんが、長時間のカウンセリングをいくつも行うことで、待ち時間が長くなり、病気に対して内服治療が大切な方の通院が遠のいて、病状が悪化するようなことがあれば、何をしているのか、分からなくなります。
 そのため、臨床心理士にカウンセリングを担当してもらわなければ、待合がパンクしてしまうのです。

Q:セカンドオピニオンは行っていますか?

A:セカンドオピニオンのみは、国の方針により、基本的に健康保険での適応にはならず、自費扱いになります。
 セカンドオピニオンとは、現在かかっている医師の意見(ファーストオピニオン)に対して、別の医師に意見を求めることを言います。
 治療者をかえる場合は、転院といい、こちらは、保険診療となります。

 精神科・心療内科では、問診やお話を中心に診断と治療が進められるため、違いが分かりにくいと思います。
 例えば、癌治療を行いながら、他の医師にかかるのは、検査を1から開始しないといけないため、膨大な時間と費用を要します。
 検査結果の情報をもらいながら、セカンドオピニオンを受けると、自費でもかえって費用を抑えることができるのです。
 当院(私)は、他の病医院や医師の悪口めいたことを言いたくないため、話を聞いて助言するだけでも、国の方針通り、セカンドオピニオンは、自費とさせていただいています。自費で支払いをしてでも、意見を聞きたいという覚悟のある方に対しては、自分の意見をはっきりお伝えします。

Q:紛争についての手助けは行っていますか?

A:当院では、病状がよくなる治療を主たる目的としています。
 訴訟や紛争についての介入や手助けは、基本的に行っていません。
 相談可能なものは、公的機関、高度なレベルになると、法律の専門家にご相談下さい。
 また、弁護士などの法律の専門家が求める内容について、証明できない事例が多いことが現実です。

Q:診断書について

A:上記の例と重複しますが、紛争のための診断書は、引き受けかねます。
 また、「こういう診断書を書いてほしい」と希望された場合、診察の結果、妥当と判断すれば、書きますが、そうでないと判断した場合には、希望される内容を書くことができません。

 警察から、運転可能かどうかの診断書の作成は、依頼があれば、原則行います。
 この場合も、診断の結果、妥当と思われる内容の作成となります。
 認知症があるのに、免許を更新したいから、都合よく書いてくれという依頼は、承れません。

 一般診断書の料金は、自費で、2000円 + 税 となっています。
 警察用の診断書は、原則、3000円 + 税 です。
 裁判所用の診断書は、紛争に巻き込まれるストレスがありますので、5000円 + 税 の料金とさせています。
 それでも、引き受けたくない気持ちの方が強いのです。診断書の内容が気に入られなければ、診断書をお返しいただいたら、診断書の料金を返金いたします。ただし、診察料は返金できないことを予め、ご了承ください。
 その他、時間や労力のかかる特殊診断書については、料金の割り増しがあることをご了解ください。

Q:使えない保険はありますか?

A:ケースによります。自賠責保険については、因果関係が明確なものしか使えません。
 また、労災保険についても、同様です。何卒、ご了承のほどお願いいたします。

Q:行けば、すぐ診てもらえますか?

A:再来患者さんの場合は、当日の順番制になっています。その日の状況によって待ち時間が一定しません。
ただし、体調や精神的な病状の悪い方は、早めに診させていただいています。その他、高齢の方や小さなお子さんがいて待つことが難しい方、県外など、かなり遠方から通われている方は、配慮いたします。苦慮する方は、受け付けにてご相談ください。

 新患の方で、当院で治療できそうな方は、なるべく日にちをおかないで診察するように心がけています。
 ただ、事情により、そうはいかない場合があることをご了承ください。
 その日の待ち時間は変わりますので、お答えすることはできません。
 土曜日は、混雑することが多いので、平日での受診が可能な方は、できれば、土曜日を避けていただくようお願い致します。
 昼休憩はありませんので、昼食時くらいに混雑が緩和されることが多くみられます。
 

Q:特殊な治療をしていますか?

A:森田療法、認知行動療法、精神分析などは行っておりません。
 認知行動療法は、現在、受け付けてくれる病院を知りません。
 

Q:治療することが難しい疾患や状態はありますか?

A:暴れる、叫ぶなど病状の不安定な方、ならびに希死念慮が強く、自殺企図がある方、自傷行為の強い方は、病院での治療をおすすめします。こういう症状の場合は、入院治療が可能な病院でないと対応できないのです。
 また、大量に薬を服用される方の治療も当院では、できかねることをご了承ください。

 不登校や中等度以上の摂食障害の相談は、カウンセリングを行っている医療機関がよいでしょう。

 発達障害については、成人の心理検査はいたしますが、子どもさんの場合は、児童精神医学に詳しい医療機関をお勧めします。ただし、どんなに詳しい検査や聴取を行っても、100%診断できる方法はないことをお知らせします。
 また、発達障害の診断は、受診される方が健やかに生活していただく目的で行います。職場や管理者が困るから受診を勧められた場合は、受診をお勧めしません。ご本人さんとご家族が希望される場合以外は、職場への情報提供もできかねます。

 アルコール依存症の治療は、遠いですが、高知市の下司病院が専門的にされています。
 性同一性障害については、以前、岡山大学病院で治療されていた先生にかかることをお勧めします。

 当院は、原則として、18歳以上の方の診断と治療を対象としています。
 

Q:どこで診てもらったらいいか分からない場合は、どこに相談したらいいでしょうか?

A:病状によっては、どの医療機関で診てもらったらよいか迷うケースがあります。
 その場合、最寄りの県の保健所や市の保健センターの精神保健の窓口に相談されることもおすすめします(相談はたいてい無料ですが、予約制とお考えください)。

 みなさまがより適切な窓口に行かれ、病状が安定することを願っています。

HOMEクリニックのご案内クリニック紹介交通アクセス