2019年11月15日
中国の土地、日本の土地は、だれの物?

中国は、公地公民制度に近いのが実情です。

 

日本でも、大化改新後の律令制度では、公地公民でした
律令制度は、中国の唐の時代に取り入れられたものです。

日本はその後、貴族が荘園を持ち、公地の制度が破られました。
公民についても、貴族に雇われている人民に関与できないため、これも意味がなくなりました。

 

時代は大きくことなりますが、もっとハッキリいうと、江戸時代には、武家諸法度が出され、武士が貴族を統制する時代になりました。

その前の室町時代に起こった、応仁の乱に発する戦国時代では、公地という概念はありません。
力づくで領地を奪ったものが所有者となり、その所有者もしばしば入れ替わりました。

 

私は、日本史が好きですが、多くの人に聞いてみると、そうではないようです。

学校では、年号と事件だけ告げられ、「これを覚えておけばいい」と入試対策に専念した結果、多くの人にとって、歴史は流れのない、細切れで突発的なできごととして解釈されるようになっています。

 

さて、これは、過去の歴史ではなく、現在の話です。

中国(中華人民共和国)は、公地を貫いています。
中国内に私有地はありません。

法律にそう書いてあります。

 

では、中国で取引されている土地の売買は、何なのでしょうか?

 

それは、土地の「使用権」のやりとりということになります。

中国では、用途により、土地の使用権の長さが異なります。

住宅用だと最長70年とあります。
商業地だと40年が最長です。

住宅地は、使用権の期間が満了しても原則として更新することができます。
しかし、その際には、契約を締結し直して、次の使用権を払わなければなりません。
そのお金を捻出することができないと、国家に土地を回収されることになります。

 

土地に関しては、本当に中国共産党は、党の思い通りにします。

中国の世界遺産である、九寨溝(自然遺産)は人気で多くの人が訪れます。
世界遺産は、その地域にとって、金のなる宝箱です。

世界遺産に認定されると、多くの人が訪れます。
ツアー客が増えると、街が潤います。
宿泊費、入場料、交通費、土産物…。

 

そんな九寨溝にある日、危機が訪れました。
自然遺産なのに、自然が破壊されているから、このままだと世界遺産の認定を取り消さなければならない、という通知がユネスコからありました。

すると、中国共産党は、山に近いところにあった多数の商業施設や宿泊所を強制的に撤去して、景観に差し替えない場所にそれらを移し替えました。

土地は国のものであるということからくる、人民共和国の強みです。
と同時に、民衆にとっては、強制的な圧力となります。

 

つい最近のことです。

2019年10月30、31日に開催された、米中閣僚級貿易協議のために劉鶴副首相が渡米した際、強制立ち退きの被害者(どこの場所で立ち退きされたかは不明)がデモを起こしました。

「劉鶴、私の財産を返せ」、「打倒共産党」、「劉鶴、陳情者と面会せよ」などのスローガンを叫んだといいます。

中国は、世界会議を行うために、人民の立ち退きを行うなど、日本では考えられない強制力をもって行使しています。

つい最近でも、立ち退きを強制された中間層1万人が中国国内でデモを起こしました。
香港のみならず、本国でも軽いでもが発生しているようです。

 

振り返って、日本はどうか?

日本では、買った土地には所有権がつきます。
所有権に他人の権利がついてなければ当然のことながら、使用権があります。
人に貸す賃借権もあります。

たまに道路の建設などのために土地収用はありますが、極力、住民の理解を得るようにしています。
所有権だけでなく、賃借権を持った住民への説明も必要です。
だから、いきなり土地を取り上げられるということがありません。

日本と中国の事情は、大きく異なります。

日本の民主化は中国の独裁制よりすごしやすいのです。

 

一方、不動産の所有価値について考えてみましょう。

日本では、所有権が認められていますが、土地の価格に基づく納税が義務づけられています。

固定資産税というものです。

この税は毎年やってきます。
税金を払わなければ、「滞納」として扱われます。

滞納が続けば、差し押さえです。

差し押さえになったら、使用権もなくなります。
そして、それでも払う意思がなければ、公売になります。

これが日本における土地の使用権、所有権のあり方と言えます。

 

ただし、差し押さえまで一定の期間猶予があり、公売に至るまでは、さらに時間的がかかります。

とは言え、日本と中国と土地に関して、同じような感覚もあります。

 

日本の固定資産税は、1.4%です。
居宅に利用する場合には、最高1/6(200㎡以下)の軽減税率がありますので、ずいぶん違います。

しかし、更地だと軽減税率がないため、何かで利用しないと土地の価値が大きく減額されることになります。

だから、都市部の空き地は、駐車場にしている所が多いのです。

もし、何の利用もせずに税金だけ支払っていった場合は、いずれ土地を持っている価値がなくなります。
(土地の価値はあっても、同等の費用を税金で納めること)

その期間は、固定資産税の標準税率が1.4%ですので、
100% ÷ 1,4% = 約70
つまり、70年で土地の価値がなくなるのです。

 

興味深いのは、中国の使用権の期間と同じということです。

中国では、一括で支払い、日本は1年ごとに分割で払います。

いきなり強制退去ということがないだけです。
所有権、使用権を持っていても、税金をおさめなければ、最後は、国のものになるのです。

 

※ bellow : translated by the google translation

 

The fact is that China is close to the public civil system.

Even in Japan, the decree system after the Dahua renewal was a public citizen.
The statute system was introduced during the Tang Dynasty in China.

In Japan, the nobility had a manor and the system of public land was broken.
As for the citizens, this also made no sense because they could not get involved with the people hired by the nobility.

The times are big, but more clearly, in the Edo period, the samurai law was issued and the samurai controlled the nobility.

There was no concept of public land in the Sengoku period, which occurred in the previous Muromachi period and was caused by the Onin war.
The one who took the territory with force became the owner, and the owner often changed.

I like Japanese history, but when I ask a lot of people, it doesn’t seem to be the case.

At school, only the year and the incident were told, and as a result of devoting themselves to the entrance examination measures that “you should remember this,” history is interpreted as a sparse, sudden event for many people. It is like that.

Now, this is not the past history, but the present story.

China (People’s Republic of China) runs through public land.
There is no private land in China.

The law says so.

So what is the buying and selling of land traded in China?

That is the exchange of “use rights” of the land.

In China, the length of land use rights varies depending on the purpose.

There is a maximum of 70 years for residential use.
In commercial areas, 40 years is the longest.

Residential areas can be renewed in principle even if the right to use expires.
However, in that case, you must re-contract and pay the following usage rights:
If the money cannot be generated, the state will recover the land.

As for land, the Communist Party really does what the party wants.

China’s world heritage, Jiuzhaigou (natural heritage) is popular and is visited by many people.
World heritage is a treasure chest of money for the region.

Many people visit if it is recognized as a World Heritage site.
As the number of tour visitors increases, the city gets better.
Accommodation costs, entrance fees, transportation costs, souvenirs …

On the day in Jiuzhaigou, a crisis came.
Although it was a natural heritage, there was a notice from UNESCO that because the nature was destroyed, the World Heritage site must be revoked.

Then, the Chinese Communist Party forcibly removed a number of commercial facilities and accommodations that were close to the mountain, and moved them to places that could not be replaced by landscape.

The strength of the People’s Republic comes from the fact that land is part of the country.
At the same time, it is a compulsory pressure for the people.

Just recently.

When Deputy Prime Minister Liu Tsuru visited the US for the US-China ministerial trade talks held on October 30th and 31st, victims of forced evictions (unknown where they were evacuated) gave a demonstration. It was.

It is said that he screamed slogans such as “Liu Crane, return my property”, “Overwhelmed Communist Party”, “Liu Crane, meet a petitioner”.

China is exercising with a force that is unthinkable in Japan, such as evictions of the people to hold world conferences.

Looking back, how about Japan?

In Japan, the land you buy has ownership.
Of course, there is a right to use if no other person’s right is attached to the ownership.
There is also a right to lend to people.

Occasionally there is land expropriation for road construction, but we try to gain the understanding of the residents as much as possible.
Not only ownership but also explanations to residents with lease rights are necessary.
So you won’t be picked up suddenly.

The circumstances in Japan and China are very different.

Japan’s democratization is easier than China’s dictatorship.

On the other hand, let’s think about the property value of real estate.

In Japan, ownership is granted, but tax payment based on land prices is mandatory.

This is a property tax.

This tax comes every year.
If you don’t pay tax, it will be treated as “payment”.

If delinquency continues, it is foreclosure.

If you become a foreclosure, you will no longer have usage rights.
And if you still don’t want to pay, it will be a public auction.

This is the right to use and own land in Japan.

However, there is a grace period until the foreclosure, and it will take more time to reach the public auction.

However, there are similar feelings about Japan, China and land.

Japan’s property tax is 1.4%.
When used at home, there is a reduced tax rate of up to 1/6 (200 m2 or less), so it is very different.

However, since there is no reduced tax rate on land, the value of the land will be greatly reduced if it is not used for anything.

That’s why there are many parking lots in vacant lots in urban areas.

If you only pay taxes without any use, you will eventually lose the value of having land.
(Even if the land is worth, pay the same cost with tax)

During that period, the standard rate of property tax is 1.4%.
100% ÷ 1,4% = approximately 70
In other words, it is worthless in 70 years.

What is interesting is that it is the same as the period of use rights in China.

In China, payment is made in one lump, and in Japan, payment is made in installments every year.

There is no sudden forced eviction.
Even if you have ownership and usage rights, if you do not save taxes, the end will be the national one.