2020年3月20日
新型コロナウイルスが高血圧や糖尿病など基礎疾患のある人に危ない理由

 SARSと同様、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)は、基礎疾患のある人のある高齢者が命の危険にさらされるやすいということが分かっています。

 ACE2は、コロナウイルスの受容体であることが発見されました。
 ACE2とは、アンジオテンシン変換酵素2と呼ばれるもので、心不全や高血圧の症状を改善します。

 人の体内には、ACE2受容体が様々な臓器に存在します。
 特に腎臓には、ACE2受容体が大きく関与するため、ウイルスが腎臓の機能を悪くして、血圧コントロールを阻害することになります。

 肺炎で亡くなる方が多いことは確かですが、他の臓器にも影響するため、肺炎が完治しても多臓器不全で死亡するケースがあると考えられます。

注:医薬基礎研究所(NIBIO)より引用、参考

————————————————————

新型コロナウイルスとACE2受容体 👈クリックで詳細