軽度の物忘れに効くサプリがある?

フェルラ酸などが軽度認知障害を緩和?

 ※サプリに属するものなので、控えめに書きます。
これは、軽い物忘れに効く可能性がああるという報告です。
しかし、認知症に至った患者で効果があるかは確認されていません。

以下は、株式会社ファンケルが発表した結果です。

 株式会社ファンケルは、フェルラ酸とαGPC、イチョウ葉エキス、ビタミンCを含む食品(以下「フェルラ酸を含む食品」と表記)を継続して摂取することが、軽度認知障害(1)を有する高齢者に対して、認知機能の緩和と日常の心理・行動に、良い影響を与えることを臨床試験で確認したそうです。

本研究成果は、日本認知症予防学会誌(日本認知症予防学会)(Vol.8 No.1, 2018( http://ninchishou.jp/index.php?id=52 )に掲載されました。

<試験方法と結果>

【方法】
認知症専門医(2)が軽度認知障害であると判定した65歳以上の68人(男性:25人、女性:43人)を無作為に選び2群に分けました。フェルラ酸を含む食品群、またはフェルラ酸などの成分を含まない食品(以下「プラセボ群」と表記)のいずれかを、各群6カ月間摂取していただき、認知機能検査のMMSE(3)と実感アンケートを行いました。なお本試験を公正に実施するため、先入観や意図的な操作ができない試験方法で実施しました。

【結果】
摂取6カ月後のMMSE検査の結果、プラセボ群は摂取前に比較して認知機能の低下指標となるMMSEスコアがマイナス0.62点と摂取前より低下したのに対し、フェルラ酸を含む食品群は0.57点上昇したのを確認しました(図1)。特に、65歳以上75歳未満の前期高齢者を対象にした検査では、プラセボ群のMMSEスコアが摂取前よりマイナス0.33点低下したのに対し、フェルラ酸を含む食品群は1.20点上昇し、両群間で明確な差を確認しました(図2)。これにより、フェルラ酸を含む食品を摂取すると認知機能の低下が緩和できることが分かりました。

<研究背景と今後について>

高齢化の進むわが国において、認知症の予防と改善は健康寿命を延ばすという観点からも重要な課題です。当社は認知症のケアを目的とした研究を8年前から行っています。その中でフェルラ酸が、認知症の発症原因の1つである「リン酸化タウタンパク質」の蓄積を低下させる作用があることを既に発見しています。

その他の作用

物忘れに効くならばと、発達障害の方に使用した例もあります。
その結果、発達障害によくみられる、不器用さが改善したという報告もあります。
しかし、この結果もまだ公認されていない実験段階です。

個人的見解

フェルラ酸は、ポリフェノールの一種です。
以前から、ポリフェノールは、抗酸化作用があり、認知症の予防に効果があることが示唆されていました。
しかし、ハッキリ効果があるとした論文は、出ませんでした。

フェルラ酸と別の成分の組み合わせで、成果を確認した論文があります。
フェルラ酸は、単独で効果を現すよりも、腸内環境を整え、解毒を行った後に脳神経系に作用する可能性もあるようです。

市販のサプリメントで、フェルラ酸含有とうたっているものが多くみられます。
ただし、その含有量に違いがあります。

価格が安めのサプリでは、フェルラ酸の配合は、100mgでした。
もっとひどい広告では、「たった1mgでも」含有と宣伝しています。
(サプリでは、成分だけでなく、含有量も確認してください)

株式会社ファンケルが発売しているフェルラ酸は、300mgの成分を含んでいます。
価格は高めですが、含有量で比較したコストパフォーマンスは、悪くはありません。

私も試しに300mg含有のファンケルの製品を購入して、飲み始めたところです。
某かしらの効果を確認できたら、報告します。