2020年7月30日

以前、うつ病と躁うつ病は、感情障害として、同じカテゴリーとして扱われていました。 しかし、十数年前から、うつ病と躁うつ病は異なる病態として理解した方がよいのではないかという理論が提案され、しだいに普及していきました。 最新版のアメリカの精神疾患の診断基準のガイドラインであるDSM … 続きをみる

2020年7月15日

前回、動物の精神疾患のお話をしました。 今回、犬や猫に関する発達障害についてのお話です。 —————————————&#82 … 続きをみる

2020年7月12日

現在、日本人の死因の第一位は、「悪性新生物」となっています。 悪性新生物は、一般には癌と考えてよいのですが、白血病、悪性リンパ腫、肉腫などもこのカテゴリーに入るため、医学的な用語では、癌と同義ではありません。 私は、未成年の時、「動物にも悪性新生物が発生するのか?」という素朴な疑 … 続きをみる

2020年6月12日

一般に起床時間のリセットは、起床してから、太陽光を浴びる(目に入れる)ことで、その時刻を脳内に記憶しやすいと言われています。 しかし、他の説もあります。 ————————— … 続きをみる

2020年6月4日

 – シンデレラは不幸な少女だったのか? –  あなたも一度は耳にしたことのあるお話、シンデレラ。  古くからあるこのお話。  私は、15年前くらいまでは、このお話は、不幸な女性が幸福になったサクセス・ストーリーだと思っていました。  でも、話の本質を考え … 続きをみる

2020年6月1日

うつ病の病態に脳内炎症による神経細胞の機能変化が重要か 出典:QLifePro 医療ニュース2018年7月25日 (水)配信 ——————————— … 続きをみる

2020年5月28日

 デンマーク、フィンランド、スウェーデンなど、北欧の国を中心として、自閉症スペクトラム障害(ASD)と遺伝的因子と環境因子との関連を検討しました。    対象新生児は、200万人以上にのぼります。  その結果、2万ほどがASD診断を受けました。  ASD遺伝率は、幅がありますが、 … 続きをみる

2020年5月27日

数百人以上の職員を抱える病院では、様々な人間関係が発生します。 そして、事故の手前のインシデントがあると、それを責める人が出てきます。 インシデントの目的は、「事故を防ぐこと」にあるのですが、報告書では、事故を責めることが多くなります。 改善のために、「事故を起こした人を責めずに … 続きをみる

2020年5月26日

先日、総合病院を受診しました。 その時のできごとです。 ———————————————— … 続きをみる

2020年5月25日

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療薬として、メチルフェニデート(薬剤名:コンサータ)とアトモキセチン(先発薬剤:ストラテラ)が使用されています。 (現在は、インチュニブという新たな薬剤も出ています) —————&#8 … 続きをみる