2019年2月12日
社労士による障害年金作成について

 最近、広告、宣伝が効いているのであろうか。
社労士が、障害年金を作成する手伝いをを行って、報酬を得ることが多く見られる。

 社労士にも様々な方がおられ、中には、ろくに仕事もしないで、報酬をとっている者もいる、という現実がある。

 私どもにとっては、社労士が入ってくることで、煩わしくなっているケースがある。

社労士にはできない診断を「〜にしてほしい」と指示してくること。

 こちらも診断については、真摯に考えており、しかも年金受給に不利にならないよう、かつ、偽りがないよう苦慮しているところである。
診断を自由につけることができたら、誰もが障害年金を受給できるだろう。

 権限のない人が、いくらか事情を聴取した程度で、医師に診断について意見してくるケースには、カチンとくる。

 しかも、労務士によっては、医師の診断書について言及しても、家族の申立書の作成の手伝いをしないところもある。
 これは、いただけない。

 診断書は、医師にしか書けないのだから、家族が書く書類くらいは手伝ってもらいたいものだ。

 これまでみた、最悪のケースでは、2ページ弱のレポートを当院に送りつけて、後は、知らないという労務士がいた。
 家族の申立書の手伝いも行いため、こちらが清書したらよいところまで聞き取りを行い、書類を整えた。

 それで、当院がいただく金額は、5000円+税。

 一方、ほとんど何もしていない労務士に入る報酬は、13〜14万円。

 社会労務士が絡むと、「やっていられないな」という感覚に陥ることがある。

 社会労務士に依頼する際は、「申立書の記載を手伝ってくれるか」ということを第一に選んでほしい。