水分補給には、何がよいのか?

一般に水分補給は、「水」ですませることが最も多いようです。

経済的な合理性と、余分なものが入っていないことも関係していると思います。

・市販の飲料では、何がよいのか?

熱中症対策として、大塚製薬から、OS1というドリンクが発売されました。

このドリンクは、適切に使うとよい反面、「いつもこれを飲んでおけ」という言葉には、誤りがあると感じます。

飲料をどう使い分けるのか?

1 通常の水分補給

水でよいと思います。あるいは、お茶で補っても構いません。

2 自ら水分を欲する場合の水分補給

やや脱水気味で、点滴までは必要ないけれど、水では物足りない方は、ポカリスエットやアクエリアスの摂取もよいでしょう。

ただ、通常のポカリスエットは、糖分を多く含むため、糖を減らした、イオンウオーターの方を勧めています。

3 大量の汗を書いた時の水分補給

汗を書く場合は、水分のみならず、塩分も失うため、OS1の摂取をお勧めします。
OS1は、塩分濃度が高いため、汗を書く時には有効です。
しかし、日常的に飲用すると、塩分を取り過ぎて、高血圧などをひきおこすことを懸念します。

スポーツドリンクの比較

↑ クリックで画像が拡大します。

何がいいのかということは、ケースによって異なるため、いくらかの知識を持って対処していただけたらさいわいです。