2019年5月22日

・症例タン 1861年4月、ブローカが勤めていたビセートル病院のブローカの病棟にルボルニュという51歳の男性が入院しました。 ブローカが何を尋ねても、彼は左手のジェスチャーを加えながら「タン、タン」と2度繰り返すだけでした。 ルボルニュは31歳のときビセートル病院に入院した病歴を … 続きをみる

2019年5月20日

ギリシア神話に、プロメテウスという神が登場します。 プロメテウスは、エピメテウスという兄弟神の兄にあたります。 医学用語で、よく出てきますが、 プロという接頭語は、「前」という意味 エピという接頭語は、「後」という意味です。 プロメテウスは、前もって考える神です。 一方、エピメテ … 続きをみる

2019年5月19日

ギリシア神話は、古典です。 神々の物語とは言え、人のこころをまざまざと見せつけています。 心理学用語の由来がギリシア神話に基づくものが、かなりあります。 以下の名前を知っていますか? さらに、引用されるに至る挿話をご存じなら、物知りの部類に入ると思います。 いくつか例を挙げてみま … 続きをみる

2019年5月11日

・米コロンビア大学のLee Goldman氏らの研究結果 2016年の大統領選挙に関することです。 健康状態の悪化や早期死亡率の高い地域で、トランプ氏への投票率が増加した可能性が指摘されています。 ーーーーー 共和党の支持率が増えた群では、民主党の支持率が増えた群と比べ、年齢調整 … 続きをみる

2019年5月11日

・オートファジーについて 2016年10月、大隈良典氏が、オートファジー(自食作用)が生命を維持するために重要な働きを持っているとして、ノーベル医学生理学賞を受賞されました。 オートファジーは、不要になったたんぱく質のお掃除とリサイクルを行っていると言われています。これが生命維持 … 続きをみる

2019年4月22日

・フェルラ酸などが軽度認知障害を緩和?  ※サプリに属するものなので、控えめに書きます。 これは、軽い物忘れに効く可能性がああるという報告です。 しかし、認知症に至った患者で効果があるかは確認されていません。 以下は、株式会社ファンケルが発表した結果です。  株式会社ファンケルは … 続きをみる

2019年4月21日

・認知症とは? 一般的になった言葉ですが、案外、定義は知られていないようです。 認知症の定義は、以下のようになります。 「いったん正常に発達した知的機能が持続的に低下し、複数の認知障害があるために社会生活に支障をきたすようになった状態。」 (認知障害の中でも記憶障害が中心となる症 … 続きをみる

2019年4月15日

・体の中には、様々なホルモンが存在します。 脳に存在するホルモンが腸にも広く分布していることが注目を浴びました。 しかし、その理由については、よく分かっていません。 ストレスがかかると、脳に指令がいきます。 そして、そのストレスによって、胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発生しやすくなること … 続きをみる

2019年3月22日

・目には見えない自律神経  自律神経とは、文字通り、生体機能が自律的に調節する神経です。  これには、反対の方向に左右する、2種類の神経系統があります。 交感神経 ⇒ 活動的になる。特に、戦いの時、働きが活発になる。 副交感神経 ⇒ 休息をもたらす。胃腸の働きなどをよくする。   … 続きをみる

2019年3月17日

・女性の不妊と睡眠障害の関連 睡眠障害が女性の不妊リスクを上昇させる可能性があることが最近の研究で示唆されました。 (ロイターヘルス)2017年12月15日 Tri-Service General Hospital and National Defense Medical Cen … 続きをみる